カテゴリ:バイク随想( 58 )

確信犯

 オートバイに乗って、数人で走ってたんですが、方向がわからなり、農家があったので、そこで道をきこうということになりまして、私たちは停車した。
 奥にはこぢんまりとした馬小屋があり、ひょっとしたら牛も飼われていたかもしれません。そこには可愛い子犬が三匹、ノーリードでのびのび走っておりました。
 「すいませーん」と、リーダーな人が農家の人に呼びかけ、道をきいている間、無責任な他のメンバーは、牧場という非日常をプチ見学状態に散りました。
 ネガティブな私は、つい下ばかり見て歩いてしまうのですが、そこでイヤーな感じのスズメの死骸を見つけてしまいました。しかし、今は気分爽快のツーリング中。そんなモノをツレに見せてもしょうがないと、自分の胸にしまっておこうとした瞬間、目の前を行くメンバーの一人が、ごついエンジニアブーツで、その死骸を踏んでしまったのです。
 ブチュっと飛び出すハラワタ。
 スローモーションで見えました。
 彼は一声漏らし、受け入れがたい得もいわれぬ感触に、おそるおそる足裏を見、
 「ぬおー、感触が消えない。」と、ふりかえって私にいいました。
 今にも泣きだしそうな男の顔とはこういうものか。
 ごめんね。注意すればよかった。でも、踏む寸前、踏まれたソレを見たくなってしまった残酷な私がいたことは否定できません。
 苦笑い。
 すると、前述した可愛い子犬がやってきて、無惨な姿のソレに近づき、フンフンとにおいをかいだ後、こともあろうにパクッとくわえて走っていきました。
 馬小屋の方に消えたあと、残りの子犬たちも合流し、みんなでおいしく召しあがったご様子。
 その後、他のメンバーが私たちの方にやってきて、子犬を見つけ、呼び寄せてヨシヨシと無邪気に撫でました。
 私たちは、何もいえませんでした。
[PR]
by bmwnamusume | 2009-11-28 01:35 | バイク随想

先生

あれはきっと、いぶし銀のBMW・R100RS。

高1の時の担任の先生。たまにオートバイで登校していた。

年季の入った黒い革ツナギできめて、駐輪場で嬉しそうにしてた。
その良さは、当時の女子高生にはさっぱりわかんなかったけど。

教室では、ハリス・ツイードの背広。
ヒゲがかっこよくて、放課後は職員室でパイプをくゆらせていた。
担当は地理。世界中の街の話を聞かせてくれた。

美化されている思い出かもしれない。
特に、一行目に書いた車種は、わたしの願望。

でも、きっとそうだったに違いない。
ほれぼれするような大人の男。

同窓会があるなら、一番会いたい人です。
[PR]
by bmwnamusume | 2008-12-21 03:39 | バイク随想

おてんばふたり

高速道路を走る女の子バイカーというのは、なんと格好いいことだろう。少々ニーグリップが甘かろうが、速度が80キロであろうが、ステキの三文字につきる。

それをだね、800ccのチョイ旧ドイツのオートバイで、二人乗りときたらもう。映画みたいだね。ステキ・ステキ・ステキ!それは、わたし。

女子(22歳@超美人)を後ろに乗っけて、奈良をかっ飛ばしてきた。「高速のってええん?!」と目を丸くする彼女に、言葉ではなく体験で応えてあげた。

渋滞の国道をクリアしてゲートをくぐる。加速車線で3速、ひっぱって4速、またたく間に100㎞/h。トンネルに入る。次々に過ぎ去るオレンジの光、異次元の世界。トンネルを抜ければ、空の青と山の緑が迎える。空気が変わった。

ひょっとして、こわがらせちゃったかな。と気になったけど、コーヒーを飲んだ後、一緒に歩く彼女の鼻歌が、ワントーン高くなっていた。わたしは、それが一番うれしかった。
[PR]
by bmwnamusume | 2007-10-09 23:47 | バイク随想

伊達や酔狂

 この間、「六甲山にてバーベキュー」というほがらかなツーリング企画に行ってきた。メンツは、初心者6割、神戸部外者9割くらい。自信を持って道案内できる人間が誰もおらず、途中わたしが先頭を走ったが、交差点で待ち伏せする白バイを見て硬直し、何も悪いコトしてないのにオロオロしちゃって先頭失格のていたらくでありました。
 昼過ぎ、なんとか牧場にたどり着き、イッチョ前に、やっぱ神戸牛でしょ!と高級牛肉をあぶり焼き。その後、羊たちが放牧されてる高原でなごみ、夕方解散。
 有志で西宮市内をブラブラし、夕食。そろそろ食べ終わる午後9時前に、こんな話が出た。
「京都の蛍が今、ものっそいらしい」
 最初、「じゃあ近いうちに」と流していたのだが、なんでも蛍の見頃は今が最高で、来週、再来週などといって逃してしまえばもう来年まで待つしかない。絶景のそのスポットは、どこの情報誌にも載っておらず、案内できる彼は、いま目の前でカレーを平らげ、やる気80%である。今日は、朝の10時から走って遊んでお腹いっぱいで、無理せず大人っぽく笑顔で解散しようと思っていたのに、なんだそれは。午後9時5分。夜道を150キロ往復する覚悟を決めて、わたしたちは京都に向け再びアクセルを開けた。
 本日の装備は、薄手のTシャツにぺらぺらのメッシュ・ショートジャケット。夜の名神をぬふわキロで走るなんて思ってもなかった。どんどん寒くなってきて、体力を消耗していく。ああ、トイレいったりタバコ吸ったりカッパを着込んだりしたいなあ、と思ったが、先頭を走るハーレー姉さんは、もう火の玉みたいに容赦なくぶっ飛ばしていく。結局、わたしの弱気は一切構われることなく一気に京都まで駆け抜けた。
 高速を降りたら、東寺。ライトアップされた五重塔が「京都感」を演出。その上、見事な満月。賀茂川では納涼床が風情を出している。こっちは鼻水たらしてるけど、いいね、オツだね。と、しばらく走って、蛍スポット到着。
 「蛍居なかったら、どうなるかわかってるでしょうね!?」と軽く脅しながら、言い出しっぺ君とハーレー姉さんと3人、ライディングブーツをゴツゴツ言わせながら某森の中を歩く。川のせせらぎが聞こえてくる。「この辺なんですけどー」という彼の声と同時に、視界に一匹の蛍。歓声。
 川辺に降りて、ベストスポットへ。ちっぽけな蛍が、ゆらゆらと、切ないほどはかない存在感で、あたりを飛ぶのです。黄緑色の光を明滅させながら、視界の限り二十匹くらい。思えばわたしは、蛍など見たことがなかった。蛍処女だった。やはり、来てよかった、大人の階段をひとつ上がった気分です。ありがとう。
 そして、結局家に着いたのは午前2時。ああ、大人げなくってホント楽しかった。
[PR]
by bmwnamusume | 2007-06-10 12:49 | バイク随想

ホコリ

バイクに乗らないでいると、なんだか調子が悪い。
人生の運気というか、リズムというか、そういうものが。

思い込みかも知れないけど、
バイクに乗って、楽しいと、他のこともより楽しく感じる。
バイクに乗らないでいて、つまらないと、他のこともよりつまらなく感じる。

数週間置きっぱなしの自分のバイクが、ホコリをかぶっているのを見ると、
自分の心もホコリをかぶっているような、気がしてしまうのであります。
[PR]
by bmwnamusume | 2007-05-27 00:05 | バイク随想

オートバイの、話をしよう。

近ごろ、多くのひととオートバイの話をしている。

なかなか会えないひとであったり、初対面のひとであったり、バイクに乗らないひとであったり、乗り始めたばかりのひとであったり。いつも一緒に走ったりしゃべったりするひとにとどまらず、わりと広く開拓されている。

ひとと話すことで、あらめて「どうしてオートバイが好きなのか?」という問いの、答えをさがしている。ちゃんとしたい。でも、オートバイを好きなひとと、オートバイの話をすると、ぜんぜん話がつきない。結局、どうなの?となってくる。ひとの数だけ答えがあり、一人の中にもたくさんの答えがある。

ひさびさに、たくさんのひとたちとツーリングに行った。前後に仲間をおいて走ると、安心感や、いたわる気持ちや、わかちあう気持ちなど、いろんなイイモノがあることを思いだした。

ひとと群れながら、ヘルメットの中で集中していると、オートバイが話しかけてくる。
回転数をあげると、心地よい振動がからだの芯に伝わってくる。

そうだ、一番、話しあいたいのは、言葉をもたない君だった。
[PR]
by bmwnamusume | 2007-04-01 00:40 | バイク随想

幻想

 「バイクに乗る女の人って、カッコイイー」という言葉。
 わたしもバイクに乗る前は、確か、そんなことを思っていた。
しかし、ここ数年、いったいどこがどうカッコイイのか、まったく思い出せない、というか説明できない。
 身の丈に合わないデカイバイクを、つま先ツンツンになりながら、北風に吹かれ、鼻水を垂らし、がたがた震えながら、しどろもどろに運転する。脇の歩道では、刺さりそうな程尖ったヒールをカツカツいわせ、クルクルと愛されカールの茶髪を揺らし、タイトなミニスカートでプリプリと闊歩する、同じ人種とは思えない「女」がいるわけで。
 「トレンド」も「今風」もどこ吹くものぞと、いつのまにやら、さっぱり「カッコイイー」とか「ステキー」といったイメージとはかけ離れてしまった自己に、ふと、疑問を持つわけであります。
[PR]
by bmwnamusume | 2007-01-22 23:27 | バイク随想

チャレンジ・犬タンデム

実は先日、犬タンデムにプチ成功した。

犬タンデムというのは、うちのホムペでこっそり力を入れている企画なのだが、要はワンコをバイクのタンクの上にのせて暴走するという、危険きわまりない破廉恥な行為のことである。

ステップ1。
散歩帰りのわんこを、駐車場に連れていき、エンジンを切ったオートバイの上にそっとのせてみる。これを二日間行う。まずはバイクに慣れよう!という特訓である。特訓時間はおよそ十分。

ステップ2。
主人もバイクに跨ってみる。抱き上げたワンコを胸に、オートバイに跨り、そっとタンクの上に置いてハンドルを握る。車体を起こし、イメージトレーニング。意外と前が見にくいものである。特訓期間は一日。十五分程度。

ステップ3。
いよいよ本番。散歩帰りのワンコを、いつもの要領でバイクにのせ、今日はエンジンをかけちゃうのだ。ブルルン。すぐに発進するとワンコが怖がるので、充分にアイドリングする。ほーら怖くない!と優しく語りかけ、後ろから愛情たっぷりに抱きしめたらサア発進。出発進行、キャー怖い。ってこともなく、結構バランスを取っていらっしゃる。トロトロと走行し、家の外周およそ500メートルの旅に出る。成功。

ステップ4。(未定)
距離を伸ばそう。信号のある交差点や高速道路など、交通社会は危険がいっぱい。それらを順繰りにパスし、いつかはいってみたいぜ、ワンコキャンプ。

f0010639_025613.jpgてなかんじ。ステップ3をクリアし、感慨無量である。帰ってきてから愛犬に、「アンタのこと見直したわ!すごいわ!ホントすごい!」と褒めちぎったのは言うまでもない。

二人の愛は、試練を乗り越え、より強くなったのであった。でも、神様への道は、まだまだ遠い。

補足:タンクの上に滑り止めシートを貼りたい。

(ザケんじゃないわよ、やってらんねーよ!と、おっしゃっている茶々の図)
[PR]
by bmwnamusume | 2006-10-15 00:28 | バイク随想


3,500rpmの考えごと。


by bmwnamusume

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに。愛車紹介 BMW R80
行った街、店、場所
BMW R80 メンテ記録
BMW R80 オリジナルムービー
ライディング・ウェア
バイク用 電熱ウエア談義
バイク用品インプレッション
キャンプ道具
ちょっといいモノ
カメラ・写真
読んだ本
バイク随想
HONDA ROADPAL
歴代トップ画像
原発はんた~い
未分類

タグ

(66)
(55)
(45)
(43)
(37)
(23)
(18)
(17)
(12)
(12)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(3)
(1)

検索

ブログパーツ

お役立ちリンク

キャンプツーリングブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加してます。
日々1クリックいただきますと、
更新のはげみになります。



【BMW】
BMW Motorrad
モトラッド阪神

【BMWパーツ】
BMWパーツカタログ
純正部品販売
ヤフオク 【BMW・モノサス用パーツ】 安い順
輸入屋ビーマー
中野モータース
リトモ・セレーノ
Moto-bins (英語)
 徹底解説・Moto-bins
Motorworks (英語)

【お買いもの・バイク系】
ヤフオク 【BMW・車体】 安い順
MaxFritz KOBE アパレル
MG Riders ベルスタッフ専門

【お買いもの・キャンプ系】
快速旅團
ナチュラム

【格安・宿さがし】
楽天トラベル
はちの巣ネット
ライダーハウスガイド


※当ブログへのリンクについて、連絡の必要はありません。どうぞご自由に。大歓迎です。http://bmwna.exblog.jp/


※当ブログに掲載されている文章及び画像の、無断での転載・引用・流用は、ご遠慮頂きますようお願いいたします。



※非公開コメントをくださる方は、本文中にその旨お知らせください。返信の際、考慮させていただきます。

最新のコメント

生きているということは、..
by なかちゃん(R80) at 20:39
納得!
by R100RS at 19:54
そうだ、そうだ絶対そうだ..
by なかちゃん(R80) at 20:48
愛犬13才チワワ♡ 愛..
by kazu4577 at 18:00
いつも素敵な文章をありが..
by nt at 21:36
うちにはたぶん4種類?の..
by よたよた at 20:22
しまった ロゴスだった。
by bmwnamusume at 22:38
ラフマよりヘリノックスよ..
by bmwnamusume at 22:37
> はすのみさま あな..
by bmwnamusume at 22:32
うんうん。 判る判る。
by 風來坊主 at 11:06

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 03月
2005年 12月
2005年 11月
2004年 05月
2004年 01月
2001年 03月