茶々へ。

f0010639_21342177.jpg
去年のきょう書いたテキストを読んだ。

こんなのだった。

「悲しいことだが、自分はもう犬を飼ってはならないという自覚がある。

親が亡くなり引き継いで、なんとか頑張ってはいるものの、毎月すごい医療費がかかるし、毎日散歩に行って排泄物をひろっては持ち帰り、ごみの日まで匂い続ける。

日々衰えていく悲しさと愛しさ。茶々でなければこんなことしようとは思わない。

可愛い可愛い茶々。どうかいつまでも、一緒にいてほしい。わたしを犬飼いのままでいさせてほしい。

茶々だけなんだ。わたしにとって、わたしの犬は。」

(以上)

それから一年がたった。

どんなに願っても叶わない夢もある。

しかしそれは仕方のないこと。命なのだから。

茶々の死は、決して無駄にさせない。そう誓った。

いつも思う。よいことがあれば茶々のおかげ。

悪いことがあっても、立ち向かえる強さを持ちたい。茶々のように。

彼女と一緒にいられた奇跡が、今、わたくしの人生の糧となっている。

愛しているよ。ますます持って大好きだ。

君を終生飼育できたことは、わたくしの勲章であり、誇りです。

感謝と尊敬、愛と喜びを、惜しみなく君に捧ぐ。
 
 
 
 
 

[PR]
by bmwnamusume | 2017-05-22 21:35 | Comments(4)
Commented by なかちゃん(R80) at 2017-05-23 20:39 x
生きているということは、そういうことです。
たくさんの時間と、たくさんの愛を共有すれば、それは思い出に変わります。
流れる時間の中で、どこを切り取るか、言葉はその道具ですが切り取られなかった時間も茶々とあなたの時間です。
すべてかけがえのない時間です。
会いたかったなあ、茶々とどこかですれ違っていたかもしれない、きっとそうだ。
Commented by くまメン at 2017-05-23 22:54 x
深い深い愛情を感じました。
私もバイクと犬を愛している人間です。
深く深く共感します。
これからも同じバイク乗りとして、愛犬者として応援しております。
Commented by bmwnamusume at 2017-05-25 13:43
みなさんコメントありがとうございます。
寂しくて気弱になってしまいますが、
元気づけられました。
それも茶々のおかげ、かな。
大事な茶々を天国で心配させないように、
茶々がやみんなに自慢に思ってくれるようなにんげんになりたいです。
わたしをよき道に導いてくれる、本当に素晴らしい茶々でした。
Commented by volvo240R100 at 2017-05-26 01:01
茶々・・・・・切なくなります。
僕の場合メイでした。


3,500rpmの考えごと。


by bmwnamusume

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに。愛車紹介 BMW R80
詩・エッセイ
BMW R80 オリジナルムービー
BMW R80 メンテ記録
バイク用品インプレッション
ライディング・ウェア
キャンプ道具
行った街、店、場所
未分類

検索

お役立ちリンク

【BMWパーツ】
BMWパーツカタログ
純正部品
輸入屋ビーマー
中野モータース
リトモ・セレーノ

Moto-bins (英語)
 徹底解説・Moto-bins

Motorworks (英語)




※当ブログへのリンクについて、連絡の必要はありません。どうぞご自由に。大歓迎です。http://bmwna.exblog.jp/


※当ブログに掲載されている文章及び画像の、無断での転載・引用・流用は、ご遠慮頂きますようお願いいたします。



※非公開コメントをくださる方は、本文中にその旨お知らせください。返信の際、考慮させていただきます。

最新のコメント

ありがとうございます!か..
by bmwnamusume at 10:40
ライディング姿カッコイイ..
by maou2929 at 06:25
そうですそうです、あなた..
by なかちゃんR80 at 07:50
こんにちは ベンムスさん..
by 平二 at 15:06
80の乗り味にほれた人は..
by toritare at 21:09
あっ黒柴かってはるんですね!
by bmwnamusume at 08:56
そぉ言われると何だか無性..
by maou2929 at 07:13
先月初旬、休憩時間にそら..
by よたよた at 00:08
ちょっと角度をかえたら ..
by ケース at 00:07
そんな使い方もありですね!
by 赤鼻NGT at 10:21

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 03月
2005年 12月
2005年 11月
2004年 05月
2004年 01月
2001年 03月